CSR lntiatives 大阪エヴェッサのCSRへの取り組み

人権意識の高揚を図るための施策に取り組んでいます

地域貢献活動

2018年11月11日(日)の大阪エヴェッサホームゲームにて、大阪人権啓発活動ネットワーク協議会(大阪府・大阪法務局・大阪府人権擁護委員連合会・大阪府社会福祉協議会)と連携し、社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会の協力の元インターネット上での人権侵害をなくすための啓発活動を行いました。大阪府では、すべての人の人権が尊重される豊かな社会を実現するため、人権意識の高揚を図るための施策に取り組んでいます。

実績一覧

場内大型4面ビジョンでの啓発映像の上映

インターネット上での人権侵害をなくすための啓発映像(法務省及び大阪府作成)を上映しました。

横断幕での啓発

法務省人権イメージキャラクター「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」と、大阪エヴェッサのキャラクター「まいどくん」が、「ネット利用は、楽しく正しく! ノーファウル!」の横断幕の前で選手とともに啓発をア ピールしました。

啓発グッズの配布

来場者へ人権啓発のメッセージを掲載した応援用ミニハリセンのほか、啓発ブースでクリアファイルや啓発リーフレット等を配布しました。

社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会の協力により、競技用車椅子への乗車体験および、バスケットボール体験を行いました。