CSR lntiatives 大阪エヴェッサのCSRへの取り組み

プロスポーツ選手やトップアスリートが舞洲を盛り上げます

舞洲プロジェクト

大阪市と、大阪エヴェッサ(バスケットボール)、オリックス・バファローズ(野球)、セレッソ大阪(サッカー)の 舞洲に活動拠点を持つ3チームで構成され、スポーツの垣根を越えて、「行けばワクワク、ドキドキするエリア」として、また「プロスポーツ選手やトップアスリートが近いエリア」として舞洲を盛り上げます。

スポーツが地域課題を解決するプロジェクト『A3』

大阪から、持続可能な開発目標(SDGs)の実現を目指す継続的な取り組みとして、大阪エヴェッサは株式会社ティーアンドエス、株式会社日本戸建管理、株式会社CAMPFIREと連携して、「大阪から始まる、スポーツが地域課題を解決するプロジェクト『A3』」を立ち上げることとなりました。ARCHは「バスケットボールのシュートが 描く弧」を、AIDは「手助けする、支援する」、AROUNDは「行き渡る」を意味します。 「A3」は2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)に則り、「持続可能で強靱、そ して誰一人取り残さない、経済、社会、環境の統合的向上が実現された未来への先駆者を目指す」というビジョンの実現を目指します。 今回のプロジェクトは大阪に目標を定め、継続的な活動であることが特長です。 台風、地震、大雨での被災、環境破壊や環境保全、少子高齢化による農家の減少、空き家問題など地域の安心・安全の向上、医療・福祉の現場、といった地域が抱える様々な課題をスポーツを通じた企業連携で解決することを目指します。